不動産名義変更で必要な遺産の分割協議について

不動産名義変更で相続人が複数の場合、遺産分割協議書の作成が必須となりますが、必ずしも法定相続人が集まる必要はありません。

概略をお話しします。

■集まる必要がなければ郵送で整えられる。

不動産名義変更を行なう際の最大の難関となるのが、遺産分割協議書の作成です。

すなわち法定相続人が一同に会して協議を行ない、遺産分割のそれぞれの取り分を決める協議です。

テレビドラマでも良くあるように、話し合いの席に別の相続人が殴り込みをかけてくるような、そんな事態にならないという単純なケースなら、わざわざ一同に会する必要はありません。

個々に協議書の文面と必要書類を送って、了承してもらえればそれで済みます。

■根回し・地ならしの善し悪しで円滑さが決まる。

遺産分割の内容・割合は、分割協議に入る前にだいたいの合意は得ておきましょう。

いつごろ作成するか、それに当たって分割はどうするか、換金できない資産(現在居住している家や土地)についてはどうするかなどです。

そのような下地ができていれば大きなもめ事にはなりません。

■不動産名義変更と一口に言っても、その数だけもめ事があり禍根を残すとも表現できます。

慎重に丁寧に進捗をはかるようにしましょう。

遺産分割協議に一同が会する必要はありませんが、分割のボリュームや資産性でもめることが良くあります。

そうならないためには、先にお話ししたような地ならしが大事。

司法書士など専門家のアドバイスを事前に受けておきましょう。